9月22日【本日の言葉】

 

 

「計算されたリスクを冒せ、それは無謀ではない。」(陸軍軍人/

 

 

)

 

斬新なアイデアをもとに事業をスタートする場合、実行してみないと、予測ができないことがたくさんあります。だからこそ、最初に事業計画を作成し、行動しながらブラッシュアップしていくことが大事なのです。その理由は、当初のアイデアで事業を進めていく過程で、さらに素晴らしいプランを発見できることが多いからです。始める前に、未だ成功事例が少ない、今はタイミングが悪いなど、リスクばかりを強調する評論家がいますが、逆説的に言えば、未だ市場環境が整っていないことは、競合も少なく、非常に良い参入時期だということなのです。リスクを冒したものだけが、先行者利得を得られるのです。

9月21日【本日の言葉】

 

 

「人を責めず、人を理解し、自分の器を大きくする。これが、自分を向上させるということである。」(

 

 

)

 

自分の器を大きくしたいと考えるなら、何かの過ちを犯してしまった人を必要以上に責めないことです。なぜなら、何かトラブルが生じたとき、人は自分が責任を負いたくないという心理的な側面から、問題を誰かのせいにしがちだからです。大事なのは、起きてしまった事柄に対し、責任を追及するのではなく、これからどのような対策を行えば、再発防止につながるのかを検討し、「問題解決」を図ることなのです。あなたは、人を責めず、仕組みを改善する策を講じていますか?

9月20日【本日の言葉】

 

 

「全ての個人には、この世界における天職が与えられている。その仕事を見つけられるかどうかが、生涯において最も重要なことだ。」(小説家/

 

 

)

 

天職を探して、転職を繰り返している人は、一度、自分の損得を超えたやりがいのある仕事とは何かを考えてみることです。なぜなら、自分の中で己の損得を超えて大きな何かに貢献している仕事だと、誇りに思えることであるならば、どんな職業や仕事でも天職となりえるからです。どんなに小さく、会社の利益には直結しないような仕事であっても、他の誰かに対して貢献し役立っていると感じられ、情熱を持って取り組める仕事なら、それが天職へとつながる道になるのです。情熱を傾けることができる仕事に、出会えましたか?

9月16日【本日の言葉】

 

 

「上り坂、勢いに乗っているときはいい。窮地に立ったとき、人間の本当の価値が決まる。」(48横綱

 

 

) 

 

仕事でピンチに直面し、身動きが取れなくなったときは、言い訳や隠し事をしないことです。なぜなら、たとえ、財力や権力で問題の引き延ばしや、一時的な言い逃れができたとしても、一度でも逃げれば、何度でも逃げなければならない事情が追い続けてくるからです。困難に追い込まれたときこそ、目の前の厳しい状況から逃げようとせず、前向きに対処する覚悟を固めることが、結果的に「希望の光」を引き寄せてくるのです。

9月15日【本日の言葉】

 

 

「幸運は汗への配当である。汗をかけばかくほど、幸運を手にすることができる。」(マクドナルド創業者/

 

 

)

 

高価な果物ほど、育てるのか難しく、豊かな実りを収穫できるまでには、長い歳月を要します。しかし、これを食べたときのお客様の感動や人が喜んでくれる姿があれば、その苦労も惜しくはないはずです。だから、幸運という名の果実を手にしたいのなら、行動量を増やし、額に汗して、一生懸命に取り組まなければならないのです。それには、働く人が知恵を出すことで汗をかくことも含まれています。あなたが、今、汗を流していることは何ですか?

9月13日【本日の言葉】

 

 

「発見の旅とは、新しい景色を探すことではない。新しい目を持つことなのだ。」(作家・批判家・エッセイスト/

 

 

)

 

子供の頃は発想が豊かだった人でも、世間の荒波にもまれる間にエッジが丸くなってしまい、アイデアを発見する前に実現の可能性や前例を考えてしまいがちです。常識という壁を超える「イノベーション」を生み出す、自由な発想の原点は、「視点を変える」ことです。なぜなら、置かれた状況が全く同じであっても、それをどういう視点で捉えるかによって、今までとは異なる世界が広がってくるからです。あなたは、いつもの風景を、普段と違う視点で着目し眺めていますか?

9月12日【本日の言葉】

 

 

「自分の顔には、自分の全人生がはっきりと表れます。だからこそ、自分の顔に誇りを持てるようになるべきなのです。」(女優/ローレン・バコール)

 

ある年齢を越したら、人の顔にはその人の人生、生き方、考え方が刻み込まれてきます。日々、どんな生き方をしてきたのか、どんな表情で行動し、生きてきたのかが、将来の自分の顔を作ってゆくのです。あなたは、自分の顔に誇りを持てるように生きていますか?